脱毛の施術後にお風呂がダメな理由は?いつから入っていいの?

脱毛の施術後にお風呂がダメな理由は?いつから入っていいの?

脱毛サロン・クリニックで脱毛の施術を受けると、当日はお風呂に入らないように言われます。

でも、ふだんから毎日湯船につかる習慣があると脱毛した日もお風呂に入りたくなるという人もいると思います。

どうして脱毛当時は入浴してはいけないのか、その理由がよくわからない方は多いと思います。

さちこ

ちょっとぐらい平気かな?

とお風呂に入ってしまう人もいますが、それが思わぬ肌トラブルを引き起こすこともあるので気をつけなくてはいけません。

今回は脱毛後にお風呂がだめな理由や、お風呂に入ってしまった場合の対処法、いつから入っていいのかなど、脱毛とお風呂の気になるところについて紹介します。

脱毛の施術後にお風呂がダメな理由はなぜ?

サロンでもクリニックでも脱毛の施術の当日は入浴しないようにと言われることがほとんどです。

でも、パッと見て肌に異常があるわけではないのに、どうしてお風呂に入っちゃいけないんだろう?と不思議に思うこともありますよね。

脱毛後に入浴してはダメな理由を紹介します。

さちこ

脱毛後の肌はダメージを受けている

実は、脱毛後の肌は目に見える変化がなくても普段の肌とは違った状態になっています。

そのため、脱毛後に入浴することで肌の赤みや腫れといった炎症をおこしたり、乾燥によるシワなどができてしまうなど思わぬ肌トラブルを起こしてしまう可能性があるんです。

なぜこういった症状が出てしまうかというと、脱毛後に肌の表面が炎症を起こした状態になっているからです。

光脱毛やレーザー脱毛では毛根のメラニン色素に反応して熱に変わる強い光をあてることで毛根にダメージを与えて脱毛します。

その熱は一瞬でなくなるわけではなく、しばらくの間肌の中にこもり、だんだんとなくなっていきます。

そのため、脱毛の施術直後の肌は軽いやけどをしたような状態になっています。

見た目にはそれほど変化がなくても肌の内側は熱を帯びてほてっている状態です。そのため、肌がとても敏感になり、ちょっとの刺激で炎症を起こすこともあります。

さちこ

人によっては脱毛の施術をすると肌が赤くなったりすぐに炎症をおこしてしまうことがありますが、それもこういった理由があるからです。

肌の炎症が長引くほど肌にはダメージになります。

そのため、脱毛の施術をした後は脱毛部位の温度を下げる必要があるんです。

脱毛後にお風呂に入ると肌トラブルの原因になる

脱毛施術後のタイミングでお風呂に入ってしまうと肌のほてりが冷めるどころか、さらに体温が上昇してしまいます。

体温があがると炎症が長引いて肌にダメージになります。

さらに、脱毛直後は湯船に浸かること自体が肌によくない影響を与えます。

脱毛の施術をした後は少なからず毛穴も傷ついているので、湯船のお湯につかると毛穴に細菌が入ってしまい新たな肌トラブルを起こす可能性があります。

また、体が温まると毛穴が開いて汗をかきますが、汗はただの水分ではなく油分やミネラルなどを含んでいるため細菌を繁殖させてしまう原因になります。

肌トラブルの原因になってしまうので、脱毛後の入浴は控えるようにしましょう。

さちこ

脱毛の施術後にお風呂入ってしまった場合の対処法は?

脱毛をした後にお風呂に入ってはいけない、と言われても季節によってはたくさん汗をかきます。

夏に脱毛をした場合はそのままではいられない、という状態になりますよね…。

脱毛当日はシャワーですませる

「脱毛後はお風呂に入ってはダメ」と言われますが、これは「湯船につかるのは避けて」ということ。

脱毛後でもシャワーはOKとしているサロン・クリニックは多いです。

湯船につかるのに比べるとシャワーは体温が上がりにくいし、毛穴にも雑菌が入りにくいからです。

ただ、シャワーに入る時も気をつけたいことがあります。

体温を上昇させないようにぬるま湯にする

シャワーでも熱いお湯を浴び続けていると体温が上がってしまいます。

脱毛箇所を洗う時は手で優しく洗う

脱毛した箇所の肌が刺激を受けると肌の赤みや乾燥を引き起こしてしまうため、ブラシやタオルなどでゴシゴシと体を洗ってはいけません。

そして、スクラブなど肌表面を削るものやメンソールのように肌への刺激が強い成分は避けた方がいいです。

こういった点を守りながらシャワーでさっと済ませれば、脱毛後でもシャワーはOK。

うっかり脱毛後に湯船につかってしまった

でも、ふだんから湯船につかる習慣があると

いつもの癖でうっかり湯船につかってしまった

なんてこともありますよね。

また、脱毛した後に旅行やレジャーなどの予定を入れていて温泉に入ってしまったり。

そういった場合でもすぐに大きな肌トラブルになるとは限らないので、まずは落ち着いてケアすることが大切です。

体温が上がるのを防ぐこと

お風呂からあがったら体を安静にしてそれ以上体温が上がらないようにします。

脱毛後にお風呂がだめといわれる一番の理由は体温の上昇。

体温が上がると肌トラブルを引き起こしやすくなるので、ゆったりとした服を着て涼しい場所で過ごすなど、なるべく早く体温を下げるようにしましょう。

脱毛した部分を冷やすこと

水で冷やしたタオルをあてることで脱毛した部分を集中的に冷やします。

タオルが温かくなったら水で濡らしてまた肌にあてる、ということを10分ほど続けているとお風呂で温まった肌の熱がとれます。

この時に「いっきに冷たくしよう!」と氷や保冷剤を使いたくなるのですが、冷やしすぎは肌にも体にもよくないので氷や保冷剤は使わないようにします。

さちこ

また、体を冷たくするアイテムとして熱中症対策や熱を下げるための冷却シートもありますよね。

でも、冷却シートは肌表面が冷たいと感じているだけで実際には体内にこもった熱をとる効果があまりないということもありますし、冷却シートには冷感を感じやすいようにメントールなど肌の刺激になる成分が入っていることもあるので使わないようにしたほうが安心です。

悪化したらサロンに連絡

お風呂に入った後、肌を冷やしたりしても効果がなく、炎症を起こしたり赤みや痛みが出てしまった場合は施術を受けたサロンやクリニックに連絡をします。

むやみに自分で市販の薬などを塗ったりせず、プロに対処法を指示してもらったほうが確実です。

脱毛後のお風呂はいつからOKなの?

では、脱毛後はいつから入浴できるのかというと、基本的には脱毛の施術をした翌日から湯船に入って大丈夫です。

ただ、脱毛をした翌日以降も脱毛した部位はまだ肌がデリケートな状態が続いているので、数日間は肌に異常がないか気をつけるようにしましょう。

また、翌日以降のお風呂でも肌をこすらないようにしたり、脱毛後の肌は乾燥しやすい状態なのでしっかり保湿をすることが大切です。

クリームや化粧水は敏感肌用など刺激の少ないものを選び、塗る時もこすらないように優しくケアするようにしましょう。

もし脱毛箇所に熱を感じる場合は冷やすようにしましょう

肌が弱い人や、脱毛後に炎症で赤みが出ている場合は翌日以降もシャワーにしたり、ぬるめのお湯で様子を見るのがおすすめです。

脱毛後は肌が敏感になっているのでしっかりケアしよう

脱毛後の肌は見た目がなんともなくても普段とは違うデリケートな状態で刺激を受けやすくなっています。

そんな肌をお風呂で温めると様々な肌トラブルを起こす可能性があるから、脱毛後はお風呂に入ってはいけないとされています。

思わぬ肌トラブルを避けるためにも、脱毛当日はぬるめのシャワーでさっとすませ、湯船につかるのは翌日以降にるすると安心です。

特に医療脱毛は肌に強い負担を与えるので、いつもよりもケアを入念に行いましょう。

さちこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です